プレイバックその1

ノラには、懐かしいね~って言われるものがたくさんある方だと思いますが、

プライベート部屋にもあるんですよ!別な意味で懐かしいモノ!
じゃーん!
e0055073_17013627.jpg
Windows98!(笑)
今はなきゲートウエイですよ!懐かしくないですかー?
久々に電源を入れてみたらちゃんと動いたのです!
どうやって処分したらいいのかよくわかんなくて、
ずっと部屋の隅に置かれたまま現在に至る(笑)

実はこれ、私が人生で初めて購入したパソコンです。
パソコンなんて職場で使うものであって、自宅では必要なかった私ですが、
最初の職場を退職する際に、買ったんですよー
当時25万円くらいしたはずです、退職金で買いました!今じゃ絶対ムリー(笑)

パソコンを購入した嬉しさに、
自分でホームページを作りました。
ちょうどヤスさんが札幌のサラリーマンを辞めて、美瑛の炎創窯での修行生活を始めた頃ですので、
「脱サラYASUの 陶芸家への道」
というホームページでした。

自分のホームページを持って、初めて「知らない人とつながる」という経験をしました。
今ではSNSがあったりで、知らない人とつながるなんて当たり前のことですが、
当時は、会ったこともない人々が、修行中の生活を応援してくれるなんていうのは、
とてもビックリな出来事でしたし、
その時出会って、今もなお応援し続けてくださっている長ーい付き合いの方々がたくさんいます。

夢が叶って無事に独立をしたタイミングで、そのサイトは閉鎖したのですが、
さっきこのWindows98を開いたら、当時のホームページで使ったテキストデータが出てきて、
読みふけってしまいました。

まだ若かった私たち(政宗も)、驚きの連続だった田舎暮らし、作品ひとつ出来ただけで大喜びだったあの頃…
恥ずかしいような、情けないような、でもすごく楽しそうで、一生懸命で、
懐かしいだけじゃなく、忘れてはいけないことがいっぱい書いてあるような気がしました。

日記のページには、ヤスさんが会社を辞めるところから、独立が決まるまでの、4年半くらいの美瑛での生活が書かれていまして、
その中のごく一部を、数回に分けてご紹介しようと思います。
ヤスさん32歳、私27歳の頃の話です(笑)
よろしかったら、お付き合いください。
最初の一回は、もうだいぶスペース使ってしまったので、短めに…
だいぶ途中飛ばし飛ばしでの抜粋ですので、意味が通じないところもあるかもしれませんが、ご了承ください☆

登場人物:YASU(ヤスさん)、みどり、政宗、コーミエ先生(炎創窯の先生)、ゆうこさん(コーミエ先生の奥様)、水沼さん(お向かいさん)
*今回出てくる、豚の丸焼き祭りは、その後ノラガマで引き継がれた伝説のお祭りです(笑)
***********************


世の社会人もドキドキした初日を迎えたことであろうが、YASUも緊張と期待に胸がふくらんでいた。

最初にYASUに与えられた仕事は「ニワトリ達にエサをやり、卵を取ってくること」だった。ニワトリは10羽いて、そのうち9羽がメスである。責任感の強いたった一羽のオンドリは、初対面のYASUにくちばし攻撃を開始した。しかしYASUがエサ箱にエサを流し入れると、みんな一気にYASUのことが大好きになったようだ。

毎日4~8個のタマゴを生み、コーミエー先生宅でもさすがにそんなには食べられないため、毎日YASUに2個づつくれることになった。これで晴れてYASUはタマゴには事欠かない生活を保障されたのであった。


4月のある日、コーミエー先生が「コイノボリ、タテマショウ」と言った。日本人よりもこういう行事を重んじるものなのかもしれない。

こいのぼりは巨大なもので、大人二人でも苦労する作業である。それでもなんとか空高く上がった見事なこいのぼり。「オッケーでーっす!」と叫ぶYASU。

それから数十分後、外出先から戻ってきた先生は悲しそうに言った「YASU、コイノボリ、サカサマデス」。みると、全てのこいのぼりが腹を上に向け、苦しそうに泳いでいた…。スマン!長男ENZO君、健やかに育ってくれ…


「ニチヨウビ、窯ニ火イレルヨ」と先生が言った。YASUが来て初めての窯入れ、心が躍る。窯の中に慎重に作品を並べる作業は、トランプでタワーを立てる作業に似ていて、集中力が必要だ。

朝8時、点火。これから30分ごとに温度をチェックするので、明日の朝まで徹夜となる。窯の中には最終的には1300度まで上がる。窯の7箇所に設置されたレンガを引き抜き、すばやく温度計を読む。ほんの一瞬のことなのに、熱風で顔が焼けそうだ。

窯入れは毎回同じように焼いても、そのときによって出来上がりが違うという。「カマハ、イツモ、エキサイティングダネ」先生が言った。夜更けに、コーミエー先生が夜食を作ってくれた。その名も「シンガポールチャーハン」。スパイシーでおいしかった。

徹夜は前職で慣れていたが、締め切り明けとはまた違う、心地よい疲れがYASUを襲っていた。


8月26日、ブタの丸焼き祭り。

朝6時、YASUのランクル60でブタを取りに向かう。お店の男性と2人で、荷台に積もうとするがやたらと重いし脂で手がすべる。気づくと車内に昔買った皮のグローブ発見。はめて持つと、うーん、しっくり持てる。「これ、ブタ皮なんです」クスクスクス。

帰ってきて、準備を始めるが、何もかもが上手くいかない。もたついていると、向かいの水沼さん登場。「なーにやってんだおめえ、そんなんじゃブタはまらんぞ!おーい、針金もってこーい!」なんという手際のよさ。この辺のオジサン達は本当にスゴイ人ばかりで感心させられる。チェンソー持たせても、のこぎり持たせても、ダンプに乗せても馬に乗せても超一流だ。

そんな助っ人たちのおかげで祭りが始まった。朝の雨もあがり、続々とお客さんがやってくる。上富良野町の保健所から監視の人もやってきた。現在、ブタは半身以下でないと流通させてはいけないことになっている。今回は特例として、1匹まるごとを許可してもらっているのだ。今回のブタは、頭を取って血を抜いて皮をはいで手足の先を切り落とした状態で70キロ。これで生後3ヶ月くらいだというのだから驚きだ。

庭ではいい匂いがたちこめ、200個のおにぎりも相当の量用意したビールもなくなってしまう。ウマイウマイと聞こえてくる声。ギャラリーで接客に大忙しで肉にありつけないYASU。アセる!しかし、丸焼きのブタは食べても食べてもなくならない、見事な巨体の持ち主だったのだ。夕方、やっと口にしたブタの味は、高校を卒業して札幌に出てきた時、ケンタッキーフライドチキンを初めて食べた時の感動に似ていた。夜の花火、音楽。第一回炎創窯ブタの丸焼き祭りは、大成功の中、幕を閉じた。



[PR]
# by yas-mid | 2018-01-22 17:13 | ひとりごと | Comments(3)

ふらのん、知ってる?

昨夜、美瑛ハーミットで、夢野カブさん&早川岳晴さん(ORESAMA KINGS)with鈴木裕さんのライブがあり、
オープニングアクトでトレインスポッターズが演奏してきました!

トレスポのモハ光宏が、ギタートナカイとして開会宣言ソングを披露(笑)
e0055073_10102427.jpg
時間がなくトナカイ姿のままトレスポライブへ(笑)

今回も楽しくライブをさせていただきました!
美瑛でのトレスポの認知度もだいぶ上がってきたようです(笑)

メインのカブさんたちのライブは、相変わらずの熱いロケンローで盛り上がりました!
早川さんの超絶ベースプレイ(あれはもはやベースではないと思う)にひっくり返り、
もしゃもしゃヘアーな裕さんのバイオリン姿はどうしても情熱大陸なあの方とかぶってしまいました(笑)
お声がけいただき、ありがとうございました!
ライブ終了後の出場者の記念撮影♪
e0055073_08555730.jpg
楽しかったな~♪
今年もライブができたらいいなって思います☆いつかは苗穂駅で!(笑)


さて今年もヤスさんの雪像ワークが始まりました!
富良野スキー場に「ふらのん」ていうゆるキャラがいるの、知ってますか?
私は知りませんでした(笑)
e0055073_08562623.jpg
今年も、富良野スキー場すべてのリフト&ゴンドラ&ロープウエイ前に、スタッフが手作りした雪像が登場します!
そして今回の雪像テーマは、ふらのん。
でもほとんどのスタッフが、ふらのんの実物に会ったことがないそうで(笑)(笑)(笑)
後ろ姿とかどうなってんのか知らない中で制作しているらしいですよ!
それぞれの妄想の「ふらのん後ろ姿」を見てみるのも楽しいかもしれませんね♪

ヤスさんの連絡リフトは、今年もブレずに「サルの露天風呂」
そこにふらのんも入浴させるようです。
もう慣れていて、ここまであっという間に作ってしまったようです。
e0055073_08560632.jpg
どの雪像も、今週末には完成の予定ですので、
滑りに行かれた際は、スタッフが頑張って作った雪像も是非ご覧くださいね♪

[PR]
# by yas-mid | 2018-01-18 10:14 | 日記 | Comments(0)

青春の1ページ

高校生の教え子たちはセンター試験に旅立ちまして、
小中学生の冬期講習も終わり、ひと段落です。
この後は高校入試にむけてあと1か月半がんばります!

ここ一週間も、ずっと自宅と塾の往復でしたので、特にブログネタもありません。
なんで、お正月に父親から聞いた面白い思い出話をここでバラします(笑)

東京で大学生をしていた父(昭和19年生まれ)は、登山が趣味でした。
大学生の長い夏休みを使って、友達と二人で登山旅行に行くことにしました。
しかし東京から離れた場所の山だったことと、けっこう大掛かりな縦走登山旅行だということもあり、
まとまったお金が必要でしたので、
夏休みの前半はアルバイトをして、後半に稼いだお金で旅行する、という計画を立てました。

当時、もっとも稼げるバイトの一つに、船からの荷の積み下ろしをする、というものがあったそうです。
船が運んできた荷物を、岸に下ろすだけの単純作業で、
現代はフォークリフトがそれをやっているんでしょうけど、
当時は人力でやっていたんだそうです。

船と岸壁の間は歩くとドヨンドヨンと揺れる浮き橋で、
30キロとか40キロの荷物を持ってそれを渡って岸に下ろす、もちろん絶対に落としてはいけないわけで、
しかも荷物に付いてきた南京虫とかが体に付くこともあり、すごく辛いし汚い肉体労働だったそうです。
でも、一日3時間働けばOKで、今のお金にすると3時間で10000円くらいもらえるような超高給バイト。
お金が欲しくて体力に自信がある男子大学生が夏休みになるとわんさかやってくるけれど、
スタートして一週間で、人数が半分以下になってしまうという、過酷なお仕事だったそうです。

しかし父とお友達はそれを一か月やりきり、大学生には持ち慣れない額の大金をゲットしました。

そして旅行初日の朝、急行列車に乗って出かける父とお友達。
父はお友達に言いました。
「お前はおっちょこちょいだから、大金を持っていると落としたり盗まれたりしそうだから、
俺が預かってやるよ」
父もひどいことを言うもんだと思いますが、お友達も自覚があったのか「そうか、じゃあ頼む」と大金を父に預けました。

しばらくして、父は列車の中のトイレに行きました。
ふっ、とかがんだ時に、なんと、お友達のお金も入った大金×2のお財布が、ポロリとポケットから落ちたのです!
ぎゃー!話を聞いていた私は思わず耳をふさぎましたよ!おっちょこちょいはどっちだよー!
ある程度の年齢の方だったら覚えているでしょう、昔、列車のトイレは穴が開いているだけでした。
つまり、線路の上に落としてしまったということです。

落とした瞬間に、父は腕時計を見たそうです。〇時〇分。
トイレなので窓はないためその瞬間の外の様子はわからず。
次の駅で降りて探しに行くことにしたわけですが、なんせ急行、次の停車駅がやたらと遠い。
旅行なので土地勘もなく、どの辺に落としたのかも見当もつかない、ただ時間計算で想像ができるだけ。

父とお友達は、重たい旅行ザックを背負って、ひたすら線路を歩きました。
バウンドして脇に転がっているかもしれないから、目を皿のようにして、ひたすら歩きました。
そして歩くこと6時間!
なんと!あったのです!線路の上に黒い財布!もちろん大金×2も無事!
そして、その財布からわずか3メートル先は、鉄橋になっていて、はるか下に川がゴーゴーと流れていたそうです。

実家のアルバムには、大学生の父が、線路上で友だちとバンザイしている写真がありました。
そのお友達とは、卒業してから会っていないそうですが、いまだに年賀状のやりとりだけは続いていて、
毎年、コメントの最後には同じ一文が書かれているそうです。

「あの時にお前に財布を預けなければよかった!」

今年も、ちゃんとその年賀状が届いておりました(笑)


[PR]
# by yas-mid | 2018-01-14 16:58 | ひとりごと | Comments(2)

休み

カフェやってる期間の定休日は、
天気予報とにらめっこしながら、どこ行こうかな?なんてワクワクしてますが、
バイト生活の今は、休みはひたすら家のことやって、ぐったりして終わりです…
スノースクートにもいまだ行けず☆
MDにも手を付けられず。
そして明日からまた朝から晩まで6連勤、ふひー。

と、ついつい愚痴ってしまいましたが、
バイト自体は楽しいのですよ、子供たちがいつも笑わせてくれます。
お正月にあった出来事なんて聞くと、だいたいみんないいネタ持ってます(笑)
とてもとてもここには書けないような内容ばかりです(笑)

もう下火になってきましたが、昨年小学生の中でブームになった、ハンドスピナー(fidget spinner)。
e0055073_10165929.jpg
男子はだいたい持ってて、授業前などにぐるぐる回して遊んでいました。
私もやらせてもらったことあるけど、うん、よく回るね、だけで、何が面白いのかわからずにいました。
これのどこがいいの?と小学生たちに尋ねると、返ってくる答えはだいたい同じ。

「なんかねー、癒されるんだよねー」

最近の小学生は忙しいですから(笑)
人間関係も複雑だったりしますから(笑)

で、私も疲れマックスになっていたのか、
昨日は回し始めたら止まらなくなりました(笑)癒されるー

それにしても何が流行るかわかりませんよね☆

さて、新年になりまして、私の部屋の鉄道カレンダーも新しくなりました!
今年のは、ど~やんさんにいただいた、JR東日本の労働組合のカレンダーです!
ありがとうございます!でもなんでそんなの持ってるの?(笑)
e0055073_10170889.jpg
新年を飾る写真は、留辺蘂駅に停車する特急オホーツクとキハ40です。
そうとう寒いんでしょうね、どちらからもまるで蒸気機関車のような煙があがっています。
またどっか乗りに行きたくなっちゃうなー!






[PR]
# by yas-mid | 2018-01-07 22:04 | 日記 | Comments(0)

叔母バカ日誌

あけました!おめでとうございます!!!

富良野に戻ってまいりました。
実家で家族とベタに「駅伝観ながら食っちゃ寝」のお正月でした♪

他人の甥っ子姪っ子を見てもちっとも面白くないってことはわかっているのですが、
溺愛してるもんでちょっとだけお付き合いくださいませー

実は、姪っ子スーパーあずさ1号のために、
年末に本職のさとーちゃんから「あずさ号のお弁当箱」をいただいたのです!ありがとー♪
e0055073_08490237.jpg
自分の名前はもう読めるもんで、これには本人もびっくり!
でも本人以上に、あずさのパパママに大ウケでした(笑)
e0055073_08493605.jpg
1歳半になったスーパーかいじ2号と、二人の手形入りのプレート作り♪
e0055073_08500351.jpg
無事に手形が入り、パパママが文字を入れてたりしている間に、
かいじ2号は粘土を入れてきた発泡スチロールにすっぽり入ってました(笑)
e0055073_08501249.jpg
ちなみに彼はまだ「うー」くらいしかしゃべらないのですが、
スマホを持たせると、ちゃんと耳に当てて「はいはい」「あっそう」「ふーん」と言います(笑)
e0055073_08502471.jpg
鉄なズボンがいいでしょ(笑)
二人とゆっくり遊べるのはお正月くらいなので、とても楽しかったです♪

さて、新しい年が始まりましたね!
2018年も、みんな笑顔で楽しい一年になりますように☆

野良窯、カフェノラを、今年もどうぞよろしくお願いいたします!





[PR]
# by yas-mid | 2018-01-03 18:17 | 日記 | Comments(2)

2017年ありがとうございました!

大晦日になりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。
私は昨日が仕事納めで、今は実家に帰省するために札幌行きのバスに乗っています。

2017年、事故なく健康に過ごせたことを嬉しく思います。
お店にはたくさんのお客様に来ていただいて、楽しい時間を過ごすことができ幸せでした♪
普通ならこういう時期に、来年の抱負!なんぞ発表するのでしょうが、
考えてみても、今年みたいな穏やかで楽しい一年だったらいいな、と思うばかりです(向上心なし)

内緒でしたがこの一年でなんと5キロも太りまして(笑)
それだけは新しい年はなんとかしたいです…

関わってくださった全ての方に、ありがとうございました!
2018年も素敵な年でありますよーに!

今年最後の1枚はどの写真にするかなー

ここしばらく毎日朝9時から夜9時まで塾にいる生活をしています。
家には寝に帰るだけ、なんかもう合宿みたいな日々です(笑)
体は正直かなりしんどいですが、めんこい子どもたちに毎日癒やされたり、感心させられたり、爆笑させられたりで、
楽しく働いています。

小6の男子のマル付けをしていたら、彼の描いた伊藤博文があまりに上手で衝撃!
e0055073_08225373.jpg

彼はこの前の日には徳川慶喜を描いてこれまた上手だったのですが、
伊藤博文は昔お札だったからわかるけど、徳川慶喜なんてどんな顔か知りませんでしたよ(笑)

みんなそれぞれにスゴイところがあるのです。ホント。
正月明けは子どもたちの方が金持ちだろうなー(笑)
彼らのパワーに負けないよう、このお休みでエネルギー満タンにして、また頑張ります!

では皆さま、良いお年をー!

[PR]
# by yas-mid | 2017-12-31 11:11 | ひとりごと | Comments(2)

ライブのお知らせ

トレインスポッターズ、来月ライブやります!

1月17日(水)美瑛ハーミットにて、OPEN19:30 START20:00、
ORESAMA KINGS(夢野カブ+早川岳晴)with鈴木裕
のライブがありまして、
そのオープニングアクトをやらせていただけることになりました!

6月はスイスギターズの前にやらせていただいて、
今度は俺様キングスとは!
ホントにやっていいのでしょうか?って感じでドッキドキですー☆
カブさん!お声がけありがとうございます!

早川さんってベースの神様みたいな方ですよー!

しかも!私の大好きなオオフジツボのバイオリン壷井さんが、
ときどき早川さんと演奏されているんですよねー♪
これ今年2月の梅津和時さんの時ねー(壷井さんTwitterより)
e0055073_14563622.jpg
相変わらずお茶目な壷井さん♡
なーんかつながった!って嬉しくて嬉しくて。


オオフジツボといえば、先日放映されたFNS歌謡祭の中で、
近藤真彦が歌った「軌跡」という新曲、
これ実はオオフジツボのギター太田さんが編曲された曲でして、アコーディオン藤野さんも演奏に参加されたということで、
お二人がFNS歌謡曲に出演されてました!
e0055073_14565623.png
しかも太田さんエレキギター!!!レアすぎるー!
もう私はマッチよりも後ろの二人にくぎ付けでした♡ステキー

秋のノラでのライブの時に、ジャニーズ推しメンうちわを作ってしまったから、
本当にジャニーズ事務所に入ってしまったのでしょうか!?(笑)

いやーこうなったら、もう近藤真彦ではなく壷井彰久に歌わせちゃって欲しい!
マッチじゃなくて、アッチ(笑)(笑)(笑)

というわけで、久しぶりのトレインスポッターズです!
時間が短いので4曲しかやりませんが、なんとマスコさん秘蔵の曲をやりますよー!
普段やらない曲なので全然できないっ!練習しないとー!
お近くの方、よろしければ是非いらしてください♪



[PR]
# by yas-mid | 2017-12-25 11:26 | 日記 | Comments(0)

夢を買いました

ひっさしぶりですよー宝くじなんて買ったの!

札幌サラリーマン時代はいつも買ってました。有名な売り場に並んだこともあります。
一度だけ一万円が当たったことがあるくらいで、あとは300円ばかりですが。

ある日バイト先の数学の先生に、宝くじの還元率とか胴元率とか控除率というのを数学的に教えてもらった際に、
あまりにバカバカしくなって買うのをやめてしまいました。
そのときその先生は「当たったらどう使おうかな~♪」と妄想する楽しい時間を2700円なりで買うんだと思えば、それはそれでいいんじゃないですか?とフォローしてくれたんですが、
今までの散財がもったいない!と頭に血がのぼってる私は、
もう二度と買うもんか!と聞く耳もたず、それから7~8年たったと思います。
だから「当たったらどう使おうかな~♪」の妄想もすることなく、過ごしてきました。

なのに、今日なぜかわかんないんですけど買っちゃいました!勢いで!
まあ10枚だけですけど。しかもプチですけど。

だから堂々と妄想できるのです!「当たったらどう使おうかな~♪」
久しぶりの妄想だから楽しくてしょうがない(笑)
普段からあまり物欲がない私は、100万円の使い道すらなかなか思いつかなくて難しいのですよ。
でもこの悩むのがまた楽しい♪
宝くじ買ったさ、と言ったとたん、ヤスさんも頭を抱えながら使い道を嬉しそうに考えています(笑)
二人とも、アレにする、やっぱりやめた、コレにする、と、晩酌のツマミにもなります。
大晦日までは充分に楽しませてもらえそうです♪

そうか、この楽しさを2700円で買ったのか。
と思うと悪くないですね☆

なので、今まではお付き合いできなかった、もし宝くじが当たったらどうする?のテーマに、
あと10日間だけはお付き合いできます!!(笑)
皆さんの妄想も是非、お聞かせください♪
物欲いっぱいある人は、ポンポンと使い道が出てくるんだろうな~

私はねー 今のところ、
オオフジツボのすべてのライブを観に行く!かな♪

物としてはホントに思いつかないんですよ…
今いちばん欲しいものってコレ↓ですから…2980円(笑)


[PR]
# by yas-mid | 2017-12-21 22:26 | 日記 | Comments(2)

天塩弥生駅

今はなき深名線の天塩弥生駅がかつてあった場所に、
昨年、それを復元した宿ができまして、
オープン前にもこのブログでも紹介させていただきましたが、
なかなか訪ねることができずにいました。
ノラのお客様は何人も泊っていて、
そのたびに「みどりさん絶対行くべきだよー」と皆さん教えてくれていました。

やっと、その念願がかないまして、先日、
鉄道好きな友達夫妻と一緒に出かけてきました!

岩見沢に住む友達夫妻とは旭川駅で合流。
全員18きっぷ、そのまま行ってもつまらないので、途中下車しながら向かいます。

最初に降りたのは比布(ぴっぷ)駅。
以前のピンク色の駅舎は建て直され、今はとても立派な建物になっています。
そしてそこにピピカフェという素敵なお店が入っていますので、ここでランチ♪
魅力的なラインナップから私が選んだのは、にじますのねぎ醤漬け丼。

にじますなんてなかなか食べられないですからね~
サーモンよりさっぱり、でもとろりとしていて、とても美味しかったです。
e0055073_10511733.jpg
カフェだけでなく、地元の名産品なども売られていて、道の駅っぽい感じです。
クリスマスの装飾もとてもカワイイ♪
ツリーも、山から切ってきた本物、窓や壁に飾られているオーナメントも、自然のものばかり。

比布といえば、私世代以上の方は、ピップエレキバンのCMでよくご存じかと思います。
店内には、オープン時に樹木希林さんからいただいたお手紙が飾られていました。
e0055073_10510660.jpg
字も絵もお上手ですよねー
希林さんご本人も、今年の9月にご来店されて、お買い物を楽しまれたそうですよー

比布の次に降り立ったのは、剣淵(けんぶち)駅。
さすがに私も、ここに降り立つのは初めてです☆
特に何か目的があったわけではなく、勢いで下車してしまった4人(笑)
1時間ほど時間があるので、とりあえず街歩きに出かけました。

静かな街を歩いていると、とても美味しそうなお菓子屋さんを発見。
ケーキもパンも、お饅頭のような和菓子なども売られていますが、
名物はわらび餅のようですので、デザートにそれを購入して駅に戻りました。

剣淵駅は無人駅なのですが、待合室はポカポカに暖められていて、
トイレもウオッシュレット(しかも便座が熱いくらい)でキレイ!
一日中いられそうな待合室で、わらび餅をいただきました♪
e0055073_10512930.jpg
本物のわらび粉100%、歯ごたえのあるお餅に、黒蜜ではなく砂糖醤油?みたらし団子のようなタレをたっぷりつけていただきます。
美味しかったですよー

また乗り込んでやっと名寄駅に到着。
名寄駅から、深名線バスに乗り、天塩弥生駅に到着!
e0055073_10513839.jpg
念願の、でしたからねー!嬉しかったです♪
みんなから聞いて知ってるんだけど、鉄グッズだらけの駅舎内に感激し、
みんなから聞いて知ってるんだけど、美味しくてボリュームのある食事に大満足♪
助役さん、駅長さんと、同宿となりました素敵な乗り鉄さん、名古屋のSさんと鉄トークに花が咲き、
楽しい夜が過ぎていきました♪

翌日は天塩川温泉に日帰り入浴するために、さらに北上します。
天塩川温泉は、最寄りの天塩川温泉駅から歩いて行ける距離なのですが、
雪がすごすぎて、音威子府(おといねっぷ)駅から無料送迎バスで行くことにしました。

見てください、キハ54の後ろ姿、こんなんです…
e0055073_10514770.jpg
ちょっとわかりずらいですけど、跨線橋の上に積もってる雪、すごい豪雪っぷりでしょう?
e0055073_10515788.jpg
この日の音威子府の積雪量、153センチ。まだ12月なのに、ねぇ。
除雪作業の方々、本当にお疲れ様です。
ちなみに、この二日間ずっととにかく雪雪雪でしたが、私たちの乗った列車はどれも定刻に発着したんですよ。
雪のない地域ではありえないですよね。JR北海道ブラボーです。

10時開店の温泉に10時ジャストに到着しちゃいまして、
帰りの列車は13:24ですので、ここからはダラダラゴロゴロと温泉&休憩を楽しみました。
お昼はもちろん、音威子府の真っ黒なおそばをいただきましたよ!
e0055073_10520887.jpg
帰りはちょうど雪がやんだので、天塩川温泉駅までてくてくと歩きました。
天塩川、これわかりますか?川の流氷っていえばいいかな?一部が氷になって流れてくるんです。
とても幻想的でキレイでした☆
e0055073_10521944.jpg
駅のミラーの上にも、こんもり雪(笑)薄っぺらいのに、どうしてこんなに積もれるんだろ?
e0055073_10522909.jpg
友達夫妻と旭川駅でお別れし、無事に富良野まで戻ってきました♪

さて、明日からヤスさんはスキー場のバイトが始まり、
私も冬期講習でバイトシフトがほぼ毎日朝から晩までに変わります。
ということで、私の遅い夏休みは、これにて終了です!
よく寝てよく遊び、ずいぶん太りました(笑)これからは働くぞー!

[PR]
# by yas-mid | 2017-12-18 12:26 | 鉄道 | Comments(3)

ブラミドリ

久しぶりに青春18きっぷを購入しまして、
e0055073_09593161.jpg
これでできる、一番長い日帰り乗り鉄旅に出かけてきました!

ブラミドリ、なんで、鉄道車両や駅の写真など、鉄分写真はアップせずに、
空いてる時間にぶらぶらと寄り道したところだけ、ご紹介します♪

6:32、まだ暗い芦別駅からスタート。
滝川で乗り換え7:11、途中で通勤ラッシュを珍しがりながら手稲まで、9:19。
乗り換えて、銭函からはキラキラの海にうっとり☆
小樽到着は9:55、ここで1時間ほど時間があるので、ブラミドリ♪

向かったのは、日本銀行旧小樽支店の金融資料館。
e0055073_09354194.jpg
1912年(明治45年)に建てられた建物で、
なんと、赤レンガ東京駅を設計した辰野金吾氏が、東京駅よりも先に、こちらを設計しているのです!
外観はルネッサンス様式、屋根には5つのドーム、外観はレンガにモルタル塗り、
東京駅を彷彿させる場所が随所に見られ、とにかくカッコイイ建物です♪
e0055073_09355463.jpg
床から天井までの高さは10.5メートル、でも柱がないんです!
私は古い建物が好きなので、建物が見たくてお邪魔したのですが、
中が金融資料館になっていて、これがとても面白かった!
金庫の扉の厚さに驚き、その金庫に置かれている1000億円(もちろん偽札です)の大きさに驚き、
1億円(これも偽札)を持たせてもらって重さに驚き、
偽造ができないように施されているすごーく細かい技術に驚き、
古くなったお札が10億円分シュレッダーのもっと細かいやつで粉々にされていて(これは本物)
なんかすごいゴージャスな燃えるゴミ!と思ったり(笑)
こんなに楽しめて、無料です。

駅で、なるとの唐揚げを購入して、10:53に倶知安行きに乗り込みます。
外国人だらけの完全アウェイな車内で、おにぎりと唐揚げでお昼ゴハン。
12:10倶知安到着、20分ほど時間があるので、ブラミドリ♪

倶知安で時間があると必ず行きます、駅前の「お菓子のふじい」さん。
e0055073_09360971.jpg
ここのシュークリームは、注文してからクリームを入れてくれます。
賞味期限は1時間!すぐ食べないといけないのです!
e0055073_09362394.jpg
シュークリームは普通は30分くらいで焼き上げますが、
こちらのは1時間くらいゆっくり焼くそうで、
カリカリの生地と、とろふわなクリームが、とても美味しいのです♪

12:35倶知安を出て、14:07長万部に到着!
富良野から300キロ離れた長万部まで来ちゃいました!遠くまできたぞーい!
こちらでは1時間半も時間があるので、またしても、ブラミドリ♪
なんと、乗り鉄ちゅうなのに、温泉に入っちゃいます☆

長万部駅の裏には、長万部温泉の温泉街ってのがありまして、
どこも古くて小さい温泉旅館なのですが、7件連なっています。
跨線橋を渡ってすぐ、なんですが、線路の本数が長い長万部駅、この跨線橋がやたら長いー
e0055073_09363919.jpg
私が選んだのは、唯一露天風呂があるという、丸金旅館さん。
e0055073_09572856.jpg
手書きのまんべくんが「いらっしゃいまんべー!」と迎えてくれます(笑)
e0055073_09370821.jpg
とても清潔にされていて、でも昭和レトロ感あり。
なぜかお風呂への入り口のところだけ、怪しいブルーライト(笑)
e0055073_09365691.jpg
とにかくお湯が良かったー!濃い温泉、て感じです。
行きは肩をすぼめて渡った跨線橋も、帰りは暑くてマフラーも帽子も外してジャンバーの前も開けて渡りましたから!
いつまでもポカポカなお湯でした♪また行きたい!

15:26、長万部駅から東室蘭行きに乗り込みます。
この大谷くんの新幹線のパネルも、あとわずかですね…
e0055073_09573920.jpg
16:58東室蘭、すぐ乗り換えて18:09苫小牧に到着!
ここでまた1時間半ほど空き時間があり、ブラミドリ♪
改札を出て待っていてくれたのは、苫小牧を代表する鉄ちゃん、トマカ展望台のぢるくんです!
e0055073_09574996.jpg
ラーメン虎鉄、に連れて行ってもらって、延々と鉄トーク♪
楽しかったー ありがとう!

19:47苫小牧を出てトマカ展望台からの見送りを受け、21:11岩見沢。
紙コップのコーヒーを飲みながら、駅前のやたらとキレイなイルミネーションを楽しみまして、
e0055073_09580220.jpg
21:31岩見沢から滝川、乗り換えて富良野に着いたのは23:27。
17時間の、たーっぷり盛りだくさんな乗り鉄旅でした♪大満足!





[PR]
# by yas-mid | 2017-12-14 12:44 | 鉄道 | Comments(3)