<   2013年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

土日営業スタートです!

冬眠から覚めました(笑)オハヨウゴザイマス
歳をとるごとに時間の流れが速くなりますが、
この冬はホントあっという間でした!
今日も寒さが緩んで、春の足音がバシバシ聞こえますね♪

さーていよいよ、今週末から、土日だけですが営業再開です!

今月の営業日は、2・3・9・10・16・17・23・24日です。
最後の土日は札幌での個展開催中のためお休みです。
営業時間は、10:00~20:00です。
パンもありますよー♪

今週は大掃除や仕込みを頑張ってやっていまーす♪
久しぶりのお店にワクワクしておりますが、
天気予報だと、この土日は大荒れのようです…なんだよぉもう(笑)

まぁいいのです!
お客様が来なかったら私がお茶しながらまったり過ごします♪

3月の土日営業期間は、
恒例の「ドリンク2杯目100円引き」サービスを行います。
お時間のある方はのんびりとくつろいで行ってくださいね~

今シーズンもたくさんの方とお会いできることを楽しみにしています。
9年目に入ります野良窯・カフェノラをどうぞよろしくお願いします!
[PR]
by yas-mid | 2013-02-28 10:57 | カフェノラ | Comments(8)

子宮頸がん完治までレポ(後編

1月28日、手術前日。
夜8時以降は飲食禁止。
ですが唯一、OS-1経口水というポカリスエットみたいな飲み物を、
この夜8時から寝るまでの間に1リットル、
翌日起きてから朝8時半までの間に500ミリリットル、
計1・5リットルを飲まなければなりません!
普段、そんなに水分を摂る方ではないので、これは大変でした☆
知り合いの看護師さんが、ストローだとなぜか飲めるよ、と教えてくれたので、
仕事だと思って頑張って飲みました…

1月29日、手術当日。
まだ薄暗い6時40分に富良野を出発。
車の中でもひたすらOS-1を飲み続けました…

8時半前に病院に到着、入院受付をして病室へ。
個室でした、ラッキーです♪
病衣に着替えて、別室で再度、手術と入院生活の説明。
書かなきゃいけない同意書がいっぱいです…病院も大変ですね☆

同時に腕にリストバンドを装着、私のバーコードが付いています。
入院中は何をするにもこのバーコードをピッ!
厳重な本人確認なんでしょうが、牛さんや豚さんになった気分でした(笑)
イマドキはこんななんですね~

手術予定の10:30より少し遅れて、看護師さんが「行きますよ~」と迎えに来てくれました。
「行ってきまーす!」とヤスに手を振ってお別れ。
術後に私が乗せられることになるストレッチャーを看護師さんと一緒に押しながら、
歩いて手術室まで行きました。

ちゃんとした手術ってのが初めての私。
手術室の前で、おー医療ドラマみたいだぁ、と観光客みたいな感想(笑)
中に入ると何人ものスタッフさん(看護師さんなのか技師さんなのか先生なのかわからない)が、
これまたドラマみたいな格好でズラリと待機してました。
私じたいも術衣を着せられ、シャワーキャップみたいのもかぶせられ、
台に乗せられるとすぐに、よくわからないけど線や管が次々と手際よく付けられて、
ああもうどうにでもして~状態。
てっきりこの部屋で手術するのかと思っていたら、手術室は別。
台ごと移動してもうひとつのドアを抜けたら、手術室がいっぱいあって、
けっこうなスピードでずんずんと奥に進みます。
乗せられてるだけの私は遊園地のアトラクション気分。

体が右折して、グオーンと手術室のドアが開きました。
中にはまた別の看護師さんと、麻酔科の先生。
寝かされてる私は上を見てるので、おお!手術室といえばあの照明!スゴイ!といまだに観光客(笑)
ちなみにあの照明は無影灯(むえいとう)というそうですよ。
手術する先生の手の影ができないんだって。

「これから眠くなるお薬が入りますよ~」
麻酔の薬が点滴から入るのが痛い、とネットに書いてあったので、
これだな、と覚悟。
チクチクチクとした痛みはあるけど、耐えられる程度でした。
酸素マスクのみたいのが口と鼻をおおうようにセットされ、
「麻酔がちゃんと効かなかったらどうしよう…」と思った直後に意識がありませんでした(笑)

私が意識をなくしてから、手術は10分程度で終わったそうです。
その後、執刀してくれた先生が、ヤスと面談して手術の説明と報告、
うまく行きましたので心配ないですよ、と言ってくれたそうです。

そんなことは知らない私が病室で目覚めたのは12時半くらい。
でもまだボンヤリしてて、半分寝てる状態でした。
2時くらいになって意識回復!
看護師さん付き添いでトイレまで歩く練習をして、合格。
ヤスは夕方帰って行きました。
そこからはテレビ観たりネットしたりでゴロゴロ。
夕食はひさしぶりの食事だったので美味しかったです♪

翌日は午前中に診察、術後の跡も問題なしということで退院決定。
シャワーを浴びて、昼食を食べてから帰りました。

◆退院時のお会計 36413円 プラス 保険会社に出す診断書代 4200円

手術、入院と決まった時に、心配したのはお金のこと…
いったいいくらかかるのか、いろいろ調べてみたのですが、
同じ円錐切除の手術をしている人の記事を見ても、
5万円だった、という人もいれば、10万円だった、という人もいる。
もちろん、人それぞれ状況が違いますし、
1週間入院の人もいれば、日帰りの人もいるので、そりゃそうなんですけど☆
でもたくさん見た中で一番多かったのが、75000円くらいだったし、
平均金額もそんなもんだったので、それくらいを覚悟していました。
だけど私は36413円!安いですよね!
お会計の時びっくりしました…調べた中で私が最安値かも…
もちろん手を抜かれた感は全くなく、むしろ過保護なくらい良くしてもらったつもりなのですが、
どうしてでしょうねえ?

退院後、1週間後に病院に行きました。
手術の際に、円錐状に切った部分の、病理検査の結果がわかる日です。
ガンがすべて切り取られていれば、終了!ですが、
ガンが深く、まだ残っているようなら、もう一度おなじ手術をしなければならないのです。
さすがにそれはもう勘弁…祈るような気持ちでした。
手術当日よりも緊張してたかも☆
そして、結果はバッチリ!きれいに取れましたね!とのこと。
いやー、嬉しかったですね~
切り取ったそのものの写真も見せてくれて(グロいです(笑)
どうやって検査したかなども丁寧に教えてくれました。

◆術後の通院でのお会計 220円×2回

◇お会計合計 57363円

私はがん保険には入っていませんでしたが、
生命保険に女性疾病特約を付けていて、女性のがんだけは対象になってました。
が、安い保険なもんで、0期のがんにはおりず、
さらに入院給付金も1泊2日じゃおりないものでした。
でも!手術の給付金がおりました!10万円♪
…もうかってるやん。とツッコミ入りそうですが(笑)
何度も旭川へ往復しているガソリン代や、
3日休んだバイトのことを考えると、ちょんちょんですね。

私のレポートはこんな感じです。
できるだけ、他の人が書いてないようなところを書いてみたつもりです。
誰かのお役に立てたら嬉しいです。
そしてしつこいようですが、みなさん、ちゃんと検診うけてくださいね~!
[PR]
by yas-mid | 2013-02-25 23:28 | 日記 | Comments(20)

子宮頸がん完治までレポ(前編

12月9日、初めて、富良野市の子宮頚ガン検診を受けました。
細胞診という粘膜の細胞を採取して検査するというものです。
3分くらいだったと思います。
この時はまだ、まさかそんな未来が待ってるとは思っていませんでした…
◆この日のお会計 0円(富良野市から出た無料クーポン利用)


12月21日、富良野市の保健センターから電話。
検診の結果、ガンが疑われるので旭川のがんセンターにて再検査を受けて欲しいとのこと。
ちなみにこの電話の時、私はバイトに行っていて、ヤスが受けました。
かなり動揺したと言ってました(笑)そりゃそうですよね~

週明けに書類が届き(なんとクリスマス(笑)、旭川がんセンターに予約の電話。
バイト先の冬期講習まっただなかでしたし、年末年始にかぶるので、
年明け1月7日で予約。
今だから言えますが、この年越しは、心に引っ掛かりがあって、
複雑なもんでしたよ~
心配をかけるので、実家の家族にもまだ打ち明けてませんでしたからね☆


1月7日は、市の検診とは違い、コルポ診→組織診 
異常が疑われる部分の組織を数ミリ切り取って調べます。
やっぱりちょっと痛いですし、多少の出血があります。
あと子宮頚ガンの原因となるヒトパピローマウイルス(HPV)の型を調べる検査もします(これは保険外)
150種類以上の型があり、悪さするウイルスか安全なウイルスか、
型によって違うんだそうです。

ちなみに、市の検診で引っ掛かった人のうち、
再検査で「やっぱり大丈夫でした~」となる人が80%、
異形成という「ちょっとおかしいね」となる人が20%、
異形成のうち、「手術しますか」て人はその半数以下ですから、
市の検診で引っ掛かったくらいなら、90%以上の高い確率で何でもないので、
まだ不安にならなくて大丈夫ですよ!
◆この日のお会計 6700円(保険外のウイルス検査代込み)


2週間後に結果が出ると言われていたのですが、
私の場合は早くて、1週間後に文書が届きました。
あの封筒を開ける時の緊張感は一生忘れません(笑
ま、ダメだったんですけど☆
HPVウイルスは35型。
もっとも高リスクなのは16型と18型で、これはガンになる確率が高い、不良グループのリーダー格みたいなもんです。
次に高いのは31、33、35、45、51、52、56、58型。
つまり私のは不良グループうち、リーダーの後ろにいる脇役くらいの悪さでしょうか。

旭川のがんセンターではここまでしかできませんので、
さてどの病院で手術をするか、決めなければなりません。
「どこか希望の病院があればお知らせください」と書いてあったけど、
旭川の病院なんて今まで利用したことがないし、
婦人科の腕のいい先生、なんて噂も知らないし、調べても載ってませんでした。
どうせなら食事の美味しい病院がいいなあ、なんてノンキなことを考えていました(笑)


何にせよどこかの病院に紹介状を書いてもらわなければならないので、
1月21日に、旭川がんセンターへ。

子宮頚ガンは、進行がゆっくりとしているので、
初期の場合は見つかったからといって大至急、手術をしなければ、というものでもないのです。
旭川医大や厚生病院は混んでいるから、手術は2カ月後とかになっちゃうかも、ということでした。
私は、2月末には中学生の学年末テスト、高校生の後期期末テスト、
受験生たちのラストスパートもあり、2月はバイトを休みたくなかったし、
3月からはお店も始まるし、札幌の個展の準備もあるし…で、
さらに2月10日に弟の結婚式が控えていたので、
できることならなんとかそれまでには決着をつけたい!というワガママもあり、
早くやってくれる病院がいいなあと思っていました。

あとちゃんと説明をしてくれる病院。
ド素人の患者への細かい説明は面倒だろうとは思うのですが、やっぱり知りたいから、
ひとつひとつ、何のためにどんなことをして、どうだったのかを、
きちんと教えてくれる先生がいい、ということもお伝えしました。

そしたら市立旭川病院をお勧めされました。
過ぎてみてこの病院でよかったなぁと思うことは、
①手術してくれた先生が女医さんだったこと(やっぱその方がいいですよね)
②入院以外に通院があるけど、毎回そんなに待たずに終わること
③すぐそばに旭川市立図書館があるので、付き添いのヤスが時間をつぶせたこと
④たぶん、他の病院より安かったこと(これについては後半で)
ちなみに気にしていた食事は…まあこんなもんかな、て感じでした(笑)

紹介してもらった市立旭川病院がどこにあるのかも知らなかったので、
帰り道にちらっと寄ってみました。
大きくてきれいな病院で、迷子になりそうでした(笑)
◆この日のお会計 紹介状料金 1120円


1月23日、紹介状を持って市立旭川病院へ。
婦人科での診察のあと、円錐切除手術というのをやる必要があり、
1泊2日の入院が必要であると説明されました。
それでおそるおそる私のワガママ日程を言ってみたら、
「それでいいですよ!来週やっちゃいましょう!」と言ってくれました!
手術日が1月29日で決定。

手術となると、私の体が手術に耐えられる体かどうかを調べるために、
検査しまくる必要があります。
また、家族の人同伴で、医師からの説明を聞くのと、
全身麻酔なので麻酔科の先生からの説明も、家族と同伴で聞くことになります。
普通は、また別の日に来て、検査と説明を受けるらしいのですが、
私が富良野という遠いところから来ていること、
手術まで一週間もないことを考慮して下さって、
また家族の人(つまりヤス)も図書館にいるからすぐ戻れます!ということで、
全部今日やっちゃいましょう、と取り計らってくれました。
実は麻酔科はこの日は午前中で終わりだったのですが、
私のために午後も時間を作ってくれて、ホントにラッキーでした。

ここからは昼食も食べずにひたすら検査のハシゴ。
身体測定、尿検査、心電図、血圧、レントゲン、
血液検査は5本も採られてふーらふら(初めてエイズ検査もやりました!)
得意の肺活量検査では3400、またしても看護師さんたちに「すごーい!」と言わせちゃいましたよ(笑)
あと看護師さんから入院のための説明を受けます。
書類いっぱい!これ全部読むの~?という感じ。
手術日のスケジュールが分かって来て、緊張感が高まります。
ヤスが戻って来て、一緒に婦人科の先生と麻酔科の先生の説明を受けました。
2人で、いよいよだね~、まずは美味しいもんでも食べますか、と帰りに遅めの豪華ランチ(笑)
◆この日のお会計 検査しまくりで高い!8490円…


後半に続く
[PR]
by yas-mid | 2013-02-23 20:41 | 日記 | Comments(3)

感謝の気持ち

今日は、手術後の2回目の病院で旭川に行っていました。
全てが順調に進んでおり、2週間後にあともう一回だけ行ったら、
その後は一年後まで行かなくて良くなります!


ブログで告白してから、コメントはもちろん、たくさんのお言葉やメール、
遠くからのお手紙や贈り物をいただきました☆
皆さん本当にありがとうございます!
そして手術から帰ってきた時も、
松崎ママさんや大家さんのお母さんが豪華な夕食を持ってきてくれて、
さすがにヘロヘロだったので本当にありがたかったです☆

そして、いつもそばで支えてくれて勇気づけてくれたヤスには、
心から感謝しています。

これからは私がこの経験を生かして、
誰かの役に立つ番だと思っています。

最初に子宮頚ガンと分かってから、やはりとにかく不安で、
ヒマさえあればネットで調べていました。
私の体はどうなっているんだろう?
これからどんな治療をして、
そのあとはどうなっちゃうんだろう?
お金はいくらかかるんだろう?
痛いの?つらいの?長くかかるの?

そしてたくさんの、私と同じ状況の人のブログにたどり着きました。
ただ単に病気を説明しているHPとは違って、
個人の、同じ立場になった女性の文章は、
赤裸々で、分かりやすく、共感できるものばかりでした。
どれだけ勇気づけられたかわかりません。

ただ人それぞれ、ガンや異形成(ガンの手前)のクラスも違うし、
年齢も違えば、生活環境も違う。
既婚なのか未婚なのか、子供は欲しいのかいらないのか、
住んでいる地域の病院事情も違う。
だからいくつ読んでもまだ他の人のも読んでみたい、という感じでした。

今日も、日本のどこかで、2か月前の私と同じような立場になり、
ショックと不安に襲われている人がいることでしょう。
そんな人たちのために、この2ヶ月間の私の経験を、
このあと2回に分けて記しておきたいと思います。

あまり読みたくない人や、男性で興味がない人もいるかもしれません。
そういう人はスル―してくださいね!


せっかく旭川まで行ったので、また快気祝い!(笑)
e0055073_18284724.jpg

病院の隣の隣にある、信濃路さんで、もつそば&カツ丼セット!
食べすぎか!?
[PR]
by yas-mid | 2013-02-21 18:32 | 日記 | Comments(5)

今年も来てくれました!

毎冬、オーストラリアから遊びに来てくれる、
ポールさんとマーガレットさん。
私の2月の恒例行事となっています。

12日には私のバイト先の小学生英語クラスにゲスト参加してくれました。
e0055073_2141886.jpg


14日はヤスと4人で、南富良野にドライブに行きました。
鳥さんが大好きなお二人、やっぱり鳥ウオッチングです♪
e0055073_216384.jpg

カワガラスが川にダイブして魚を捕まえるところを見ることができましたよ!

そして今日は、つぼちゃん&みやちゃんと、姫さんと一緒に、
美瑛の「ナブの家」へ。
ポールさん、マーガレットさんが北海道でイチバン好きな場所、と言っているところです。

お出迎えしてくれたナブさんの頭に、次から次と鳥たちがやってきます。
見ると、ナブさんのかぶっている帽子に、いっぱい種が貼り付けてある(笑)
鳥たちはそれを食べにくるのです。
ナブさんが私にその帽子をかぶせてくれて、私の頭にもたくさん食べに来てくれて嬉しかったです♪
e0055073_10171351.jpg

今日もキュートなモモンガたちと会えたし、
e0055073_20265047.jpg

鳥たちは普通に手から餌を食べてくれますよ!
e0055073_21265830.jpg


とにかくナブさんが素敵♪ 動物たちもナブさんの良さがわかるから怖がらずに寄ってくるんだと思います。

ナブさんの両手にリスが乗って餌を食べている動画など、
素敵な自然と動物たちと共生する ナブさんのサイトを是非ご覧ください♪

そうそう、ランチは美瑛に昨年オープンした「ぶどうの木」に行ってきましたよ!
私は冬限定のメニュー、ボルシチを食べました♪
e0055073_2133303.jpg

すっごいおいしかった!違うメニューも食べてみたいです!
美瑛のはずれにあるというのに、こんな冬でも満席でした。人気があるんですね~
[PR]
by yas-mid | 2013-02-17 22:24 | 日記 | Comments(3)

ハッピーウエディング♪

昨日は弟の結婚式でした!

仕事も忙しいし結婚はしないつもりなのかと思っていたら、
なんとまあ7つも若い、賢くて美しいお嫁さんを迎えることになりまして、
家族みなとても嬉しく、幸せいっぱいな一日でした。

e0055073_0103325.jpg


5つ年下の弟は、文京台小学校というところに通ってました。
1学年に2クラスしかない小規模の学校だったから(現在はさらに減って1学年1クラスずつ)
生徒同士のきずなが深かったのでしょうか、
小学校時代の仲良しグループ10名ほどが、
その後もずーっと絶えることなく仲良しのままでいます。
私は小学校時代の友達で付き合いが続いている人は一人もいませんから、
いつまでもつるんでる彼らをうらやましく思っていました。

彼らが小6の時は私は高2ですから、
運動会を見に行っても親のような気分でしたし、
その友人たちもまた、めんこいガキどもでした(笑)

中学生になり、高校生になり、カッコつける年頃になってるのも微笑ましかったし、
男ばかりで温泉に泊まりに行くのをバカにしたりして、
私が実家にいる頃はずっと彼らの成長を見てきました。

それでも私が結婚し、家を出てからは、会うこともなくなりましたが、
昨日、式の前に親族控室にいたら、
「みどり姐さん!ごぶさたしてます!」
とあいさつにきてくれました。

久しぶりに会ったガキどもはもう35のオッサンになりましたが、
あの頃とおんなじ顔でした(笑)

披露宴の最中も、「姐さん!一緒に写ろう!」と誘いにきてくれました。

e0055073_0105360.jpg


弟にとって、この文京台軍団は、死ぬまで宝物だと思います。

とても楽しい、あったかい披露宴した♪

タケ、ひろちゃん、おめでとう!
e0055073_0111385.jpg


新婦、めちゃキレイでしょー♪
[PR]
by yas-mid | 2013-02-12 00:12 | 日記 | Comments(4)

女性の皆様へ

12月に受けた、市の子宮がん検診に引っ掛かり、
1月7日、旭川がんセンターで再検査、
一週間後にその結果が出て、
初期の子宮がんであることが判明、
29日に旭川市立病院に入院、手術をしました。

って書くとビックリでしょ?(笑
私も文になったものを読むと、大変だ!という気がします☆
昨日、術後の病理検査の結果が出て、
その後の転移が見られないということで、無事、完治!となりましたので、
皆さんに告白することにしました。

私にとって、がん検診に行ったのがこれが初めてだったんです。
30歳を越えてから、乳がんや子宮がんといった女性のがんの検診に、
行かなければならない、てことはわかってたんですが、
怖いというか面倒というかで、結局、スル―してきました。
そういう方は多いのではないでしょうか。

でも昨年は40歳になったということで、
市の検診でできるすべてのがん検診を受けてみよう!と、
思い、胃・肺・大腸・乳・子宮の検診を受けました。

初の子宮がん検診でがんが見つかるなんて…
私ってばなんて勘が鋭いのでしょう(笑)
昨年も、やっぱりいつものようにスル―していたら、
来年くらいの私のがんはどうなっていたんだろう、と思うとゾッとします☆

私のは、子宮頚がんの初期のもので、5年後の生存率100%という、
必ず治すことができるレベルのがんでした。
子宮の入り口の部分を、円錐状に切り取る手術で、
手術じたいは15分くらいで終わったそうです(全身麻酔だったので私は知りません)。
しかもその部分はカメレオンのように再生するので、
(私はもうそのつもりはありませんが)その後ふつうに妊娠もできます。
そして入院も1泊2日、退院後もピンピンしていまして、
薬なんて一粒も出ていません。
バイトも3日間お休みをいただいただけで済みました。

何か自覚症状が出てから、病院に行って、そこで子宮頚がんが見つかる人は、
もっと大変です。
子宮を摘出しなければならないし、抗がん剤の副作用とも戦わなければなりません。
手術はもっとおおがかり、入院も通院も長く続き、
お仕事はやめなければならないかもしれないし、お金もすごくかかります。
体の負担も大きいです。

とにかく、何も自覚症状ないよ、といううちに、
早く見つけることがポイントなのです!

女性のがんには、今や22人に一人がなります。
22人に一人と言えば、商店街の福引でボックスティッシュが当たるくらいのもんです。
私だけはならない、なんて言えません。
早期発見で100%治せるのに、
昨年までの私のように「怖いし、別になんともないし、まぁそのうちに…」なんて言ってる人が多いのでしょう、
乳がんで12700人、子宮頚がんで6500人、
毎年毎年、これだけの方が亡くなっているのです。
もう、どうして早く検診行かなかったの!と悔しい思いです。
中畑監督の奥様が亡くなったのも子宮頚がんでしたよね。
そして、生きてはいるけど戦っている人、はこの何倍もの人数です。
入院している時に別室にそういう患者さんいらっしゃいましたけど、
ホント大変そうでした。

まだ検診を受けたことがない人、
大昔に受けたけどしばらく行ってない人、
お願いだから検診を受けて下さい。
私は自分がなってから、女性を見ると「検診受けなさいよ!」としつこく言う、
うるさいオバチャンになっております(笑)
だって、私のまわりにいる、大好きな女性の友人たちには、
そんな思いをして欲しくないですもの…

早期発見じゃないがんと闘うのはホントに大変ですよ!
今の生活がガラリと変わっちゃいますよ!
お金もめっちゃかかりますよ!
がん保険に入ってるから大丈夫、って人も、規約をよく読んでみたらいいですよ、
一発目のがんにはおりるけど、再発のがんにはおりない保険がけっこうありますよ!
進んでしまってるがんは再発の可能性が高くなりますよ!
がん治療は最先端医療(先進医療)といって保険外のものが多く、
注射一本10万円、とかありますよ!

脅してばかりで申し訳ないのですが、
これを読んで怖いなあと思ってもらえたら、
是非検診を受けて下さい。
今後、私の周りからは絶対に女性がんの死亡者を出さないぞ!というつもりで、
これからも啓発活動をしていきたいと思います♪
[PR]
by yas-mid | 2013-02-08 10:26 | ひとりごと | Comments(20)

新入部員

昨年12月で、町内会の若妻会を卒業した私は、
新年から「女性部」の人となりました!

昨日、その総会が開かれたので初参加してきました。
新顔ってことで緊張しましたが、
皆さんあたたかく迎えてくれて良かったです☆

今までは「若妻会」だったので会長とか会員と呼んでいましたが、
これからは「女性部」なので部長とか部員って呼ぶんですよね。
会館に行ったらホワイトボードに「新入部員:大槻みどりさん」と書いてあって、
なんだか部活に入った学生のようで照れました(笑)

これからは女性部で63歳までお世話になります~(笑)


そして今日は、税務署に行って、
青色申告を終わらせてきました!
伝票と数字との戦いだった日々が終わって、スッキリしました☆

3月2日のカフェの再会までも、もう一カ月を切りました。
早いものですね~楽しみです♪
そろそろ準備を始めなくっちゃなあ~。

あと、種まきも今月末です!
今年は畑の面積が増えるので、いっぱい種まきするぞー☆

そのあとには春の札幌の個展も控えてるし…
やることもりだくさん!!!


ひとつひとつ片づけて行こうと思います♪がんばるぞー!
[PR]
by yas-mid | 2013-02-04 21:58 | 日記 | Comments(3)

2月になりました!

この1月は私にとってかつてないほどバタバタしたものでした…
ブログもほとんど更新できず☆
結局いまだ滑りにも行けず☆
でもそのバタバタももうすぐ決着しそうなので、
新しい月は楽しく過ごしたいです!

弟の結婚式もあるしね♪楽しみ!

さっき大家さんが恵方巻を持ってきてくれました♪
せっかくだから落花生を買ってきて豆まきするかなあ(笑)
結婚してから豆まきはさすがに一度もやったことありません…
歳の数も食べたら大変なことになっちゃうもんねぇ(笑)

本州の方々は豆まきに落花生というとビックリしますよね☆
私は道産子なんでホントは落花生じゃないと知った時にビックリでした…

皆さんは豆まき、やってますか?

私は小さい頃、
鬼は〜そと!福は〜うち!
と言いながら豆を投げると、
目には見えないけど屋外に逃げていく鬼たちを想像したら、
なんだかかわいそうになっちゃって(節分の北海道は最も冷え込む時なので)
鬼はそと!はどうしても言えず、
福はうち!だけをひたすら連呼していたという、

なんともメンコイ少女でした♪←自分で言うか(笑)
[PR]
by yas-mid | 2013-02-01 20:45 | Comments(2)