2017年 12月 14日 ( 1 )

ブラミドリ

久しぶりに青春18きっぷを購入しまして、
e0055073_09593161.jpg
これでできる、一番長い日帰り乗り鉄旅に出かけてきました!

ブラミドリ、なんで、鉄道車両や駅の写真など、鉄分写真はアップせずに、
空いてる時間にぶらぶらと寄り道したところだけ、ご紹介します♪

6:32、まだ暗い芦別駅からスタート。
滝川で乗り換え7:11、途中で通勤ラッシュを珍しがりながら手稲まで、9:19。
乗り換えて、銭函からはキラキラの海にうっとり☆
小樽到着は9:55、ここで1時間ほど時間があるので、ブラミドリ♪

向かったのは、日本銀行旧小樽支店の金融資料館。
e0055073_09354194.jpg
1912年(明治45年)に建てられた建物で、
なんと、赤レンガ東京駅を設計した辰野金吾氏が、東京駅よりも先に、こちらを設計しているのです!
外観はルネッサンス様式、屋根には5つのドーム、外観はレンガにモルタル塗り、
東京駅を彷彿させる場所が随所に見られ、とにかくカッコイイ建物です♪
e0055073_09355463.jpg
床から天井までの高さは10.5メートル、でも柱がないんです!
私は古い建物が好きなので、建物が見たくてお邪魔したのですが、
中が金融資料館になっていて、これがとても面白かった!
金庫の扉の厚さに驚き、その金庫に置かれている1000億円(もちろん偽札です)の大きさに驚き、
1億円(これも偽札)を持たせてもらって重さに驚き、
偽造ができないように施されているすごーく細かい技術に驚き、
古くなったお札が10億円分シュレッダーのもっと細かいやつで粉々にされていて(これは本物)
なんかすごいゴージャスな燃えるゴミ!と思ったり(笑)
こんなに楽しめて、無料です。

駅で、なるとの唐揚げを購入して、10:53に倶知安行きに乗り込みます。
外国人だらけの完全アウェイな車内で、おにぎりと唐揚げでお昼ゴハン。
12:10倶知安到着、20分ほど時間があるので、ブラミドリ♪

倶知安で時間があると必ず行きます、駅前の「お菓子のふじい」さん。
e0055073_09360971.jpg
ここのシュークリームは、注文してからクリームを入れてくれます。
賞味期限は1時間!すぐ食べないといけないのです!
e0055073_09362394.jpg
シュークリームは普通は30分くらいで焼き上げますが、
こちらのは1時間くらいゆっくり焼くそうで、
カリカリの生地と、とろふわなクリームが、とても美味しいのです♪

12:35倶知安を出て、14:07長万部に到着!
富良野から300キロ離れた長万部まで来ちゃいました!遠くまできたぞーい!
こちらでは1時間半も時間があるので、またしても、ブラミドリ♪
なんと、乗り鉄ちゅうなのに、温泉に入っちゃいます☆

長万部駅の裏には、長万部温泉の温泉街ってのがありまして、
どこも古くて小さい温泉旅館なのですが、7件連なっています。
跨線橋を渡ってすぐ、なんですが、線路の本数が長い長万部駅、この跨線橋がやたら長いー
e0055073_09363919.jpg
私が選んだのは、唯一露天風呂があるという、丸金旅館さん。
e0055073_09572856.jpg
手書きのまんべくんが「いらっしゃいまんべー!」と迎えてくれます(笑)
e0055073_09370821.jpg
とても清潔にされていて、でも昭和レトロ感あり。
なぜかお風呂への入り口のところだけ、怪しいブルーライト(笑)
e0055073_09365691.jpg
とにかくお湯が良かったー!濃い温泉、て感じです。
行きは肩をすぼめて渡った跨線橋も、帰りは暑くてマフラーも帽子も外してジャンバーの前も開けて渡りましたから!
いつまでもポカポカなお湯でした♪また行きたい!

15:26、長万部駅から東室蘭行きに乗り込みます。
この大谷くんの新幹線のパネルも、あとわずかですね…
e0055073_09573920.jpg
16:58東室蘭、すぐ乗り換えて18:09苫小牧に到着!
ここでまた1時間半ほど空き時間があり、ブラミドリ♪
改札を出て待っていてくれたのは、苫小牧を代表する鉄ちゃん、トマカ展望台のぢるくんです!
e0055073_09574996.jpg
ラーメン虎鉄、に連れて行ってもらって、延々と鉄トーク♪
楽しかったー ありがとう!

19:47苫小牧を出てトマカ展望台からの見送りを受け、21:11岩見沢。
紙コップのコーヒーを飲みながら、駅前のやたらとキレイなイルミネーションを楽しみまして、
e0055073_09580220.jpg
21:31岩見沢から滝川、乗り換えて富良野に着いたのは23:27。
17時間の、たーっぷり盛りだくさんな乗り鉄旅でした♪大満足!





[PR]
by yas-mid | 2017-12-14 12:44 | 鉄道 | Comments(3)