2017年 10月 19日 ( 1 )

ゴレンジャーの思い出

今日はJRで上富良野まで行きまして、
そこから走って帰ってきました(寄り道して21キロ)。
富良野線150系と、お隣にカワイイ働く車両。
e0055073_21455524.jpg
とてもお天気が良くて、すっかり白くなった十勝岳連峰がはっきり見えました。
e0055073_21461329.jpg
でもスゴイしんどかった~ ひ~☆
10日後はハーフマラソンなのですが、制限時間内に完走できるか心配になってきました…

で孤独に走っていると暇なもんで、
いろんなことを考えているんですけど、

先日お客様と戦隊ヒーローの話になって、
今やってるのはキュウレンジャーっていう9人組らしいんですけど、
そのことから私のゴレンジャー事件を思い出しました。


あれは私が小学校に入るか入らないかくらいの歳だったと思います。
2つ上の兄が、当然ながらゴレンジャーが好きで、
遊園地かテーマパークかお祭り会場か忘れましたが、
とにかくゴレンジャーがやってくる!ということで、
うちの家族と叔母でゴレンジャーショーを観にいったんですよね。

私は女の子ですから、やっぱりモモレンジャーにくぎ付け。
女子なのに、バック宙したり回し蹴りしたりするの、カッコよくて憧れますよね。
だからずっとモモレンジャーだけを目で追っていたんですよ。

そしたらスゴイことに気づいてしまうのです!

このモモレンジャー、おっぱいもあるけど、股間もモッコリしてる…

もう少し大人になればわかりますよ。
アクロバティックな動きをするから、いつも男性が中に入っていたと思います。
ただ、モモ役はできるだけ小柄な男性を選んでいただろうに、
この日は見つからなかったのか、小柄じゃない男性が中に入っていたんでしょう。
他の4色の男レンジャーよりも、ぴちぴちになってモッコリが目立ってたんですよね。
(これは後にその日の写真を実家のアルバムで見て判明しました)

でもまだ小さい私!
「はっ!このモモレンジャー、にせものだ!!!」

会場の中でその事実に気づいているのは自分だけだと思っているわけです。
本物のモモレンジャーは、どこかで猿ぐつわをはめられて、縛られているかもしれない…
どうしよう!助けにいかなきゃいけない!

でも、ステージの上には怖そうな黒十字軍がいるのですよ。
「ここにいるガキどもを、皆殺しにしてやるー ぐわはは」とか言ってるわけですよ。
ここで私が「モモレンジャーがにせものだ!」なんて叫んで、秘密を知っていることがバレたら、
一番最初に殺されてしまう…

どうしよう!どうしよう!
体はガタガタと震え、もうショーを観ていることなんでできず、
ただひたすらに、うつむいて、どうしたらいいのか考えて考えて…

そんなことをしているうちに、ステージ上ではヒーローたちが悪者をバッタバッタとやっつけ始め、ショーはクライマックス!
客席の子供たちは立ち上がって腕を振り上げて応援したり拍手をしている時に、

答えが出せなかった私だけ、ギャン泣き(笑)

全然泣くタイミングじゃない時に、私だけがギャン泣き。
これには家族も動揺し、「どうしたの?なんで泣くの?どっちの味方?」
ジェットコースターにもお化け屋敷にも泣かない私が、
なぜかヒーローが活躍しているシーンで、迷惑なほどのギャン泣き。

ショーのあと、ヒーローと記念撮影ができるのに、
私は絶対に行かない!と駄々をこね、
兄だけがヒーローに囲まれて嬉しそうに撮影されていました。

帰り道、もう大丈夫と思ったのか、私だけが知っている衝撃の真実を親に打ち明けました。

ご想像のとおり、両親も叔母も、ひっくり返って涙を流しながら大爆笑していました☆


昨日、キュウレンジャーがどんなのか、動画で観ましたけど、
やっぱり女子のレンジャーの股間をチェックしてしまうんですよね(笑)
でも、戦隊シリーズ2作目のジャッカー電撃隊では、
女子レンジャーにオーバースカートをはかせたんです!
あのオーバースカートは、絶対に股間対策だと思うんですよ!

きっと、モモレンジャーがニセモノであることに気づいた女の子が、
私以外にもたくさんいて、オーバースカートが生まれたんだと思いますよー!

その後3作目のバトルフィーバーJのミスアメリカはハイレグ姿、
4作目のデンジマンでオーバースカートに戻りますが、
6作目のゴーグルファイブ以降のピンクはオーバースカートなしもいるので、
このころから、女性でもアクロバティックな動きができる人が出てきて、
中の人も女性でいけるようになったんでしょうね~

最新のキュウレンジャーの女子2人は、オーバースカートをはいています。

ニセモノかもよ!(笑)



[PR]
by yas-mid | 2017-10-19 21:46 | ひとりごと | Comments(3)